市境を接する町田市と神奈川県相模原市は、双方の窓口で相手市民の住民票や戸籍謄本など各種証明書を発行するサービスを4月から始める。町田市の石阪丈一市長と相模原市の加山俊夫市長が10日、相模原市役所で協定書に調印した。総務省によると、都県境をまたいでのこうした協定締結は全国初という。

 発行できるのは住民票の写しや印鑑登録証明書、戸籍全部事項、戸籍謄本・妙本で、町田市では市役所など3カ所、相模原市では中央区役所など3カ所の窓口で取り扱う。

<シー・シェパード>メンバー刑事処分を協議へ 調査船侵入(毎日新聞)
「首相は平成の脱税王」自民・与謝野氏が批判(読売新聞)
厚労政務官の実績、7割「分からず」=仕事ぶり伝わらず? -NPO調査(時事通信)
自宅で死亡の女性、殺人と断定=捜査本部を設置-茨城県警(時事通信)
モテモテひこにゃん、「サンマ」チョコも(読売新聞)