赤松広隆農林水産相は23日の閣議後会見で、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件に関し、民主党の小林千代美衆院議員が離党や議員辞職を否定したことについて「(鳩山政権への)ダメージが全くないということには、ならない」と述べた。その上で、政権運営への打撃を抑えるためには「いかに国民のために仕事をしているかを見せるしかない」と指摘した。 

【関連ニュース】
「離党・辞職否定、良くない」=小林議員進退で民主幹部と協議へ
民主、参院選控え動揺=小林議員「続投」に異論も
民主・小林議員の会見要旨
「破廉恥」「自浄作用怠る」=野党、民主・小林議員に反発
民主党議員の「政治とカネ」をめぐる主な動き

懐かしカメラが3千台…パン工場に博物館(読売新聞)
<普天間>与勝の人工島建設案 沖縄県知事「極めて厳しい」(毎日新聞)
政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)
総務相の資金パーティー「問題ない」(時事通信)
<名古屋市議会>予算案巡り32年ぶり会期延長へ(毎日新聞)