日本WHO協会は3月11日、インフルエンザ対策セミナーを開いた。この中で国立感染症研究所感染症情報センターの安井良則主任研究官は、豚由来の今回の新型インフルエンザウイルスは「ブタ型」の特徴を持ったままで、人に感染しやすい「ヒト型」に変異していないと指摘。ヒト型に今後変異すれば、患者が増加することも十分に考えられると注意を呼び掛けた。

 安井主任研究官は新型インフルエンザのウイルスについて、季節性インフルエンザのウイルスは「ヒト型」で、人の体温に近い36度で増えやすいが、新型は41度で増えやすいことなどから、「ブタ型の特徴を有したままだ」と指摘。より人に感染しやすいウイルスに変異すれば、「患者が増加してくることも十分に考えられる」との見解を示した。
 このほか、新型インフルエンザの今後の発生動向の予測を難しくしている点として、▽A香港型やAソ連型のウイルスは、今年はほとんど検出されていないが、すべて新型に置き換わるか不明▽北半球では、冬の感染拡大はほとんどなかった―を挙げ、「われわれはまだ、終息宣言を出さない」と述べた。


【関連記事】
週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加
低い死亡率、少ない妊婦患者―新型フル、日本は特異?
新型ウイルスでA香港型とAソ連型は消滅か

「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検-大阪府警(時事通信)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
官房長官に県内反対の意見書=普天間移設で沖縄県議団(時事通信)
トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ-消費者庁(時事通信)
「仕返し」ハトふん害、隣家に216万賠償命令(読売新聞)