来月にプルサーマル発電開始が予定されている愛媛県伊方町の四国電力伊方原発3号機(加圧水型、出力89万キロワット)について、国の原子力安全委員会は25日、四電の耐震安全性評価を妥当とした原子力安全・保安院の結論を認める決定を出した。

 四電の安全性評価は、耐震設計の審査指針の改定に伴って提出していた。同県は、四電に対し、プルサーマル発電で使用するMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料の取り付けまでに、国と県から耐震安全性の確認を受けることを求めている。今回の国の決定を受け、同県も近く耐震安全性について審議する予定で、計画通り2月上旬にMOX燃料が取り付けられる見通しが強まった。四電は想定される地震による最大の揺れの強さを570ガルとして耐震安全性の評価をしていた。【柳楽未来、栗田亨】

【関連ニュース】
海底活断層:下北半島沖に存在か 原発の耐震性見直し指摘
伊方原発:「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委
もんじゅ:設備健全性「納得できる」 県原子力安全専門委、視察し結論 /福井
もんじゅ:基準地震動、760ガル確定へ 国の作業部会、保安院の評価書了承 /福井
もんじゅ:基準地震動は妥当 保安院、きょう評価案を提示 /福井

<新聞検閲>占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
<交通事故>京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが(毎日新聞)
小沢氏、沖縄に土地 辺野古から9キロ投機か 17年購入(産経新聞)
酔って壁をけり壊した容疑、千葉県室長を逮捕(読売新聞)
<文化財防火デー>意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)