拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)は27日、大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚について、「(日本政府が)5月にも日本へ招へいする手はずをつけている」との情報があると明らかにした。東京都内であった家族会の総会後、報道陣に語った。

 飯塚代表は、中井洽拉致問題担当相らから得た情報としたうえで「(日本側は)韓国政府の判断や李明博(イ・ミョンバク)大統領の決断を待っているようだ」と話した。金元死刑囚は、拉致被害者の横田めぐみさん(行方不明時13歳)にも「会った」と証言していることが判明しており、中井担当相が招致に前向きな姿勢を示している。

 来日の意義について、飯塚代表は「めぐみさんの新たな事実が分かれば、(運動が)先へのびる。可能なら、集会などで多くの人を前に話もしてほしい」と述べた。【曽田拓】

【関連ニュース】
平野官房長官:中井国家公安委員長を口頭で厳重注意
津波警報:レベルダウン迅速化に言及 中井担当相
中井拉致担当相:「首相は超のんき」朝鮮学校無償化で批判
松田喬和の首相番日誌:実績なくして人気なし
近聞遠見:「シマウマみたいな政党」=岩見隆夫

射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減-政府(時事通信)
鶴見緑地線事故 列車往来危険容疑で捜査 大阪府警、関係者ら事情聴取へ(産経新聞)
乗員13人が軽傷 マイクロバスとタクシーが衝突 東京・東雲(産経新聞)
在日保健師定年「悔いなし」…昇任に国籍の壁(読売新聞)
「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演(医療介護CBニュース)