虐待などさまざまな理由で家族と暮らせない子供と里親が集まって生活する「子どもの村福岡」が福岡市西区に完成し、24日午前、開村式が行われた。里親による家庭的養護と、それを支援するスタッフらによる専門的ケアとを組み合わせた日本初の試みに注目が集まりそうだ。
 村は里親と子供たちが住む家5棟と、村長やスタッフらが住むセンターハウスからなる。育親(いくおや)と呼ばれる研修を受けた里親が、児童相談所を通じて受け入れた乳幼児3~5人をそれぞれの家で新しい家族として養育。ハウスに住むアシスタントのほか、小児科医や臨床心理士ら専門家がこれを支える。すでに育親と1~5歳の子供1人ずつの3組が生活を始めている。
 オーストリアに本部を置く国際NGO「SOSキンダードルフ」が世界132カ国で展開しており、日本では特定非営利活動法人(NPO法人)「子どもの村福岡」が運営。地元を中心とした企業や個人会員からなる後援会が費用を支える。 

<口蹄疫>1週間さかのぼり調査へ 農水省(毎日新聞)
<最高検>全国の地検で定例会見実施へ フリー記者も参加可(毎日新聞)
大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)
ゆるキャラがB級グルメ紹介 ご当地マスコット勢ぞろい(河北新報)
舛添氏、大阪特区構想を掲げる「道州制を目指したい」(産経新聞)