国民新党の自見庄三郎幹事長は20日午前、党の会合で関係省庁から通常国会に提出予定の法案をヒアリングし、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案の賛否について「国民新党としては厳しい党内情勢だ」と、総務省側に通告した。同党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「帰化の要件を合理的にすべきだ」と、参政権付与に反対している。

 また会合では、夫婦が別の姓でも婚姻関係を保てるとする選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に対しても「不倫を助長する」との異論が出た。

【関連記事】
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
外国人参政権 性急な提出に強まる疑念
センター試験設問で「外国人参政権容認?」

小沢幹事長、民主党代議士会と一回目の衆院本会議に欠席(産経新聞)
<自民・谷垣総裁>民主の対策チーム「小沢紅衛兵」と批判(毎日新聞)
<衆院代表質問>首相らの疑惑、論戦スタート(毎日新聞)
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)