文化庁は15日、奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の壁画を複製した陶板を公開した。玄武や白虎など四神像を、表面の凹凸も含めて実物大で再現している。壁画は保存のため、08年までに石室内からはぎ取られており、陶板で石室内の様子を知ることができる。16日から同村奥山の奈良文化財研究所飛鳥資料館で始まる春季特別展示「キトラ古墳壁画四神」で展示する。

 実際の石室(高さ約1.1メートル、幅約1メートル、奥行き約2.4メートル)に合わせ、東西南北と天井、床の計6面の陶板を製作。はぎ取り前にデジタルカメラで撮影した画像データなどを焼き付け、色などを精巧に再現した。製作費は約5000万円。

特別展示は6月13日まで。

【関連ニュース】
<必見!写真特集>発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見
<関連記事>高松塚古墳:飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集
<関連記事>1972(昭和47)年3月21日:高松塚古墳から極彩色の壁画発見
<関連記事>赤土山古墳:「はにわの里」見に来てね! 整備完了、遺構を実物大で復元 /奈良

1Q84 発売開始 ファン次々と(毎日新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
<仙谷担当相>中期フレームに消費税上げ方針(毎日新聞)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)