ファイル共有ソフト「シェア(Share)」を使って洋画をインターネット上に流したとして、京都府警ハイテク犯罪対策室などは31日、著作権法違反の疑いで、無職佐藤盛二容疑者(62)=静岡県裾野市千福が丘=を逮捕した。府警によると、容疑を認めているという。
 警察庁が1月に正式運用を始めたファイル共有ソフト監視システムを利用した初の摘発例。
 逮捕容疑は昨年12月20日午後4時ごろ、映画「アバター」を、3月11日午後11時ごろには、映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」を、シェアを使って不特定多数のインターネット利用者が閲覧可能な状態にした疑い。 

【関連ニュース】
「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検
ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕
ソフト違法公開で1億円賠償=豪男性が任天堂と和解
ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕
シェアやウィニー、常時調査=流通ファイルの実態把握

水俣病訴訟が和解、救済策と二本柱で決着へ(読売新聞)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
<コウノトリ>卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
首相動静(3月26日)(時事通信)
<信楽透器>電球の光ほんのり通す 特許と商標出願中(毎日新聞)