気象庁は17日午後、関東地方では同日夜遅くから18日朝にかけて雪が降り、東京23区を含む南部の平野部でも雪が積もる所があると発表した。交通機関への影響や路面の凍結に注意が必要という。
 この雪は、関東の東に低気圧が発生するため。18日午後6時までの予想降雪量は、多い所で、茨城県と埼玉県秩父地方、東京都多摩地方、神奈川県西部が5センチ、東京23区などの関東南部の平野部が1~3センチ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
千葉県勝浦市などで震度3
大阪府北部で震度3
桜開花、全国的に早めか=大手の予想出そろう
関東北部、甲信で大雪の恐れ=気象庁

介護相談の取り組みを紹介―介護福祉士会がシンポ(医療介護CBニュース)
五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
五輪スピード 「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)
「一つの糧にして」=国母選手の騒動で-川端文科相(時事通信)
<傷害致死容疑>京産大学生死亡 建設作業員の少年逮捕(毎日新聞)