超党派の沖縄県議団(団長・新里米吉県議)は11日午前、北沢俊美防衛相と国会内で会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、県議会が可決した県内移設に反対する意見書を手渡した。北沢氏は「県議会の全会一致の決議は大変重い」としつつも、「(政府として)決定したものについては、沖縄の皆さんとしっかり話し合いをしながら進めていきたい」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
普天間、現行案での決着期待=遅れれば移転予算影響
核持ち込み拒否、米と協議を=社民党首
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視
進退懸けず「必ずやる意志」=「覚悟」発言について説明
沖縄知事、シュワブ陸上案を拒否=官房長官、月内に政府案

<日米密約>「文書公開が一番の意義」 有識者委会見(毎日新聞)
中国の秘草が翌朝のキレイをお約束! アンチエイジング・ドリンク「仙鼎 輝麗」
<三菱自動車>欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに(毎日新聞)
JAYWALK中村容疑者の尿から覚醒剤反応、使用容疑でも立件へ(産経新聞)
MDMA譲渡の泉田被告に懲役1年 「押尾被告が使用して女性死亡」と指摘(産経新聞)