原口一博総務相は26日午前の閣議後会見で、24日午前に発表した日本郵政の改革法案骨子をめぐり、政府・与党内から「民業圧迫」などと反発の声が上がっている点について「民業圧迫と言っている方はどういう観点でおっしゃっているのか」「混乱だと思っていません」との認識を示した。

 今回の骨子のとりまとめについて、原口総務相は昨年12月の閣議決定を受け、亀井静香郵政改革担当相と議論を重ねた結果で「議論の時間、手続きなど何ら瑕疵のあるものではない」と主張した。

 今後、国会へ関連法案を提出する過程で、ゆうちょ銀行の上限預入額など骨子案に盛り込んだ内容について「修正することは考えていない」とも強調した。

【関連記事】
総務相、遅刻の責任押しつけ? 課長ら4人更迭
よせばいいのに…亀井氏独走で閣内対立露呈
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で
生方氏解任に揺れる民主 沈黙の小沢氏 閣僚は賛否
あれから、15年 地下鉄サリン事件

7都県で偽一万円札使用か=特徴似た151枚発見-行使容疑で3人逮捕・警視庁など(時事通信)
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
郵政改革法案めぐり閣内対立が激化 問われる首相の指導力(産経新聞)
北海道塵肺訴訟 国の時効認めず 地裁、賠償命令(産経新聞)
次官経験者らも沈黙破る…密約参考人質疑(読売新聞)