発達した低気圧と寒気の影響で、北海道内は13日、激しい強風が吹き、札幌市内で30メートルを超える最大瞬間風速を記録、風にあおられて転倒するなどして計6人が軽傷を負った。

 札幌市では13日午後3時24分、4月の最大風速(10分間平均値)として観測史上最大となる20・7メートルを記録。最大瞬間風速も観測史上2番目の30・8メートルとなった。札幌以外でも、日本海側を中心とする地域で最大瞬間風速25メートル以上を観測。寿都町で29・3メートル、増毛町で28・2メートル、石狩市浜益区で25・8メートルを記録した。

 札幌市消防局によると、同日午後5時までに風にあおられ転倒するなどして計6人が軽傷を負ったほか、街路樹が倒れたり、民家の屋根がはがれたりする被害が相次いだ。

 強風は14日も続く見通しで、札幌管区気象台は暴風や高波への警戒を呼びかけている。

アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)
厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
亀井金融相 「消費税は上げません」と断言(産経新聞)
山崎直子さん 聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
<国会見学>人気は参院に軍配 規制響き衆院は横ばい(毎日新聞)