福岡県町村会をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)が、後期高齢者医療制度の県運営団体を設立する際に議員定数で加盟自治体の意見が対立したため、決定を一任されていたことが4日、団体の設立準備委員会の議事録などで分かった。
 最終的には、中島容疑者が町村会側の要望に添う形で各市町村から1人以上とする折衷案を打ち出し、採用された。県警捜査2課は、同容疑者が町村会側の要請を受け、便宜を図った疑いがあるとみている。 

【関連ニュース】
町村会側から持ち掛け=前副知事への100万円
副知事室で現金手渡し=県庁など捜索
前福岡県副知事、収賄容疑で逮捕=町村会会長から百万円
前副知事を逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑
収納率、過去最低の88%=08年度の国保保険料

「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情(産経新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房の職員らが兼任(毎日新聞)
東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
歩道の3人、乗用車にはねられ心肺停止…名古屋(読売新聞)