枝野幸男行政刷新担当相は16日午前の閣議後の記者会見で、子ども手当など衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ政策を実現するための財源について「国債発行とは直接リンクしない。マニフェスト実現のための財源は予算の組み替えで行う」と述べ、無駄の削減や優先順位の低い事業をやめることで工面すべきだとの考えを示した。
 ただ、「税収の落ち込みや景気対策のために必要な財源までは予算の組み替えで出すことは困難だ。税収や経済の状況によって国債発行額が変わってくる」として、景気悪化に対応するには赤字国債増発もやむを得ないとの認識を示した。 

泌尿器専門医が講演 ヘルスケアセミナー 新宿区(産経新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
公共事業仮配分で600億円増 前原国交相「党の要望」否定(産経新聞)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)