大阪府寝屋川市と京阪電鉄は25日、昭和9年に製造され「びわこ号」(60形)の愛称で親しまれていた車両を復活走行させると発表した。

 昭和45年の引退まで大阪・天満橋-滋賀・浜大津間を運行した人気車両。10年前から寝屋川車両工場に保管されており、市が活用を提案した。

 復元に必要な数千万円の費用は市民から寄付を募る。イベント車両として走らせるほか、グッズ販売も。市は「寝屋川を鉄道ファンの聖地にしたい」と話している。

【関連記事】
鉄道むすめ人形「但馬みえ」を発売
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?
阪神なんば線が開通1年 記念行事やグッズ販売も
SLやまぐち号、今シーズンの運行開始
JR西「ICOCA」、5月から京阪と連絡定期券
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)
長谷川等伯展 鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」(毎日新聞)
基本診療料の取り扱い、今度こそ本質的な議論を(医療介護CBニュース)
中学の教室でいじめ撮影?動画サイトに投稿(読売新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)