亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、同党議員総会後の会見で、策定中の郵政改革法案について、遅くとも20日ごろまでには国会に提出したいとの考えを表明した。郵政改革法案は日本郵政グループを3社体制に再編することや、郵便、金融の全国一律サービスの義務付けなどが柱。亀井氏はこれまで、国会提出の時期について、「4月の半ばぐらいには出したい」と述べていた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

かわいい孫には大奮発?入園・入学祝いの平均3万8千円也(産経新聞)
【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
拉致対策本部事務局長代理に三谷秀史内閣情報官(産経新聞)
美しい花の“じゅうたん” 明石海峡公園(産経新聞)
<強風>交通機関乱れる、30万人の足直撃 関東地方(毎日新聞)