自民党島根県連は17日、選挙対策委員会を開き、参院選島根選挙区(改選数1)への出馬を断念した青木幹雄前参院議員会長の後継に、青木氏の長男で秘書の一彦氏(49)の擁立を決めた。

 会見した洲浜繁達県連幹事長は、一彦氏に決めた理由を「長年にわたって秘書として青木氏を支え、政治的キャリアを積んでいる。判断力、行動力もある」と述べた。予想される世襲批判については「(公示まで)日数が限られ、公募できない。勝てる候補として最適任。理解を得られる」と反論した。

 一彦氏は早稲田大卒後、地元の山陰中央テレビ記者を経て、平成11年から父親の秘書を務めている。

 青木氏は今月13日、同県雲南市のミニ集会で突然、ろれつが回らなくなり、出雲市の入院先で脳梗塞(こうそく)と診断された。意識はあり、話はできるという。

 同選挙区には、いずれも新人で民主党の岩田浩岳氏(34)、共産党の石飛育久氏(32)、みんなの党の桜内朋雄氏(41)が出馬表明している。

【関連記事】
「参院のドン」引退へ 派閥政治の終焉象徴 青木幹雄・自民前参院議員会長
自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か 
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
青木氏後継、細田氏「勝てる候補を早急に」
小沢氏、参院選への意気込み語る「マスコミの予想が外れるよう全力で頑張る」
中国が優等生路線に?

小沢氏、再聴取 政治とカネ幕引き狙う(産経新聞)
たちあがれ日本 中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
普天間移設反対を決議=鹿児島県町村議長会(時事通信)
小沢氏を事情聴取=起訴相当受け、3回目―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
志位委員長、小沢氏の証人喚問を要求(産経新聞)