納豆のネバネバ成分を利用した水質浄化剤を使って、濁った池をきれいにする実証実験が3日、大阪市内で行われた。緑褐色のアオコなどに覆われていた池が、約6時間後には底まで透き通った。

 短時間で効果が表れ、生態系への負荷も少ない水質浄化法として注目されそうだ。

 水面から15センチ下までしか見えなかった杭全(くまた)神社(平野区)の池で、浄化剤4キロを水に溶かしてホースでまくと、濁りが凝集し始め、2~3時間後には塊が水面に浮かんだ。流出油の拡散を防ぐのに使われるフェンスを使って塊を除去すると約1メートル下の池の底が見え、小魚やエビの姿も確認できた。

 浄化剤は、納豆の糸に含まれるポリグルタミン酸が主成分の粉末で、濁りの原因物質を効率よくからめ取り、魚などには害を与えない。水処理剤メーカーの日本ポリグル(大阪市)が2002年に実用化した。

  

<松戸女子大生殺害>竪山被告を追起訴 一連の捜査を終結(毎日新聞)
高齢者の7割、将来に不安=健康、介護、収入で-内閣府調査(時事通信)
<石油ストーブ>ふた外れ引火 火災4件、リコール(毎日新聞)
荒れた学校、自殺の原因=女性教諭の公務災害認定-大阪地裁(時事通信)
市役所の新聞購読中止を、阿久根市長が指示(読売新聞)