長妻昭厚生労働相は26日の記者会見で、年金制度の抜本改革について近く関係閣僚会議を設置する方向で検討していることを明らかにした。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で月7万円の最低保障年金と所得比例年金を組み合わせた新制度創設を掲げているが、関連法案の成立時期を平成25年度と先送りしている。夏の参院選を前に議論をスタートさせることで、年金制度改革に取り組む姿勢をアピールする狙いがあるようだ。

 長妻氏は閣僚会議設置について「議論している過程だ」と断った上で、閣内で(1)現行制度の問題点(2)国民が望む制度の姿(3)海外の改革例(4)新制度の原理原則-をテーマに議論を求める意見が出ていると紹介した。

 菅直人副総理・財務相も同日の記者会見で「財政の問題も含めてかなり大きな課題になる」と述べ、閣僚会議での議論を消費税増税の地ならしとしたいとの思惑をにじませた。

【関連記事】
日本年金機構 「お客第一」で信頼回復を
看板掛け替えだけ? 1月発足の「年金機構」に厳しい視線
老後の生活設計に“落とし穴” 離婚でなくなる加給年金
企業の年金資産 「積み立て不足」顕在化 
消費税率上げ不可避 年金制度改革で長妻氏

海保ヘリが飛行中に部品を脱落…海上か(読売新聞)
式妨害、新成人5人を逮捕=威力業務妨害容疑-秋田県警(時事通信)
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」(産経新聞)
<訃報>江口浩司さん82歳=作曲家(毎日新聞)
検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)