電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、1月の国内パソコン出荷台数が前年同期比40・3%増の84万6千台だったと発表した。5カ月連続の増加で、米マイクロソフトが昨年10月に発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の効果が続いた。

 個別製品では、デスクトップ型が28・9%増の25万9千台、ノート型が45・9%増の58万7千台だった。パソコン出荷全体に占めるノート型の割合は69・4%だった。JEITAでは、「個人向けは新製品の投入もあって新OS搭載機の販売が引き続き好調だ。法人向けも教育用パソコンの需要拡大による上積みがあった」と分析している。

 一方、出荷金額は19・7%増の783億円。デスクトップ型が12・8%増の261億円で、ノート型が23・5%増の522億円だった。

【関連記事】
体験!ウィンドウズ7 ライブラリーは評価二分
打倒iPhone 自慢のOSに託す MS、グーグル“宣戦”
スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 米MS
パソコン国内市場 今年予測 「7」効果 出荷数4.2%増
パイオニア、電子黒板の新製品発売へ ウィンドウズ7に対応

民家火災で2人死亡=高齢の夫妻か-北海道(時事通信)
首相動静(2月18日)(時事通信)
病気との認知も低く…女性の尿漏れ、悩まず専門医に相談を(産経新聞)
ネットは実名? 個人情報出るのは怖い(産経新聞)
陸上部への移設 名護市長は反対 基地問題、首相と会談(産経新聞)