万有製薬とシェリング・プラウは1月20日、両社の主要製品のコ・プロモーション(共同販売促進活動)を来月上旬までに国内で開始すると発表した。対象となるのは、万有製薬の経口2型糖尿病治療薬「ジャヌビア」、高血圧症治療薬「ニューロタン」「プレミネント」、気管支ぜんそく・アレルギー性鼻炎治療薬「シングレア」と、シェリング・プラウのアレルギー性疾患治療薬「クラリチン」、定量噴霧式アレルギー性鼻炎治療薬「ナゾネックス」、吸入ステロイドぜんそく治療薬「アズマネックスツイストヘラー」の7製品。両社のMR(医薬情報担当者)数は、万有製薬が約1500人、シェリング・プラウが約1100人。

 それぞれの親会社である米メルク社と米シェリング・プラウ社は昨年11月に経営統合しており、日本法人同士も2010年下半期に統合を予定している。これに先立ち、営業組織における専門知識やネットワークを結集し、主要製品の価値を最大化するのが狙いだ。



【関連記事】
医師向け医療情報サイトをオープン-万有製薬
経口2型糖尿病治療薬を承認―厚労省
骨粗鬆症の検査経験は4割にとどまる―万有製薬
「アイセントレス」、未治療のHIV患者も対象に―万有製薬
飲ませやすい小児喘息治療薬、「服薬回数が少ない」がトップ

高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
4歳長男を虐待、遺棄の母親に懲役6年(産経新聞)
ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)
落語協会 柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)
ハイチに自衛官派遣(時事通信)