鹿児島県薩摩川内市の九州電力川内原発1号機のタービン建屋1階で点検中の作業員がやけどを負った事故で、県警薩摩川内署は29日夜、1人が死亡したと発表した。
 同署と九電によると、死亡したのは作業請負会社社員角杉太郎さん(29)。ほかに九電社員4人を含む6人が重軽傷を負った。定期点検中で、放射能漏れや被ばくはなかったという。
 九電によると、アース取り付け作業中に火花が発生したといい、県警や九電は7人が感電したか、この火花でやけどを負ったとみている。 

【関連ニュース】
負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花
川内原発で作業の3人重傷=点検中に火花
「食べるの遅い」と暴行=長男死亡、容疑で両親逮捕
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発
被害者参加、二審は実刑=死亡ひき逃げの男

東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
社民党 普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
【施政方針演説】全文(5)課題解決に向けた責任ある政治「戦後行政の大掃除」(産経新聞)
NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)