バンクーバー冬季五輪女子スピードスケート代表の高木美帆選手(15)の中学卒業を祝おうと、在学する北海道幕別町立札内中で24日、高木選手1人のための“卒業式”が開かれた。

【関連記事】京大も卒業式 

 同校の卒業式は15日に行われたが、高木選手は五輪後も世界ジュニア選手権(モスクワ)に転戦し、地元に戻ったのは16日。24日は、すでに卒業式を終えた同級生や大勢の後輩が見守る体育館で五輪出場を報告し、壇上で卒業証書を手渡されると、大きな拍手で祝福された。

 式後「今日で制服も着られなくなるんだな」と寂しげな様子の高木選手。「あっという間の3年間だったけど、五輪に出たことが一番の思い出」と中学生活を振り返った。

 4月からは、ともに世界ジュニアに出場した姉の菜那選手(17)=2年=も通学している帯広市立帯広南商高に進学する。【田中裕之】

【関連ニュース】
【写真特集】バンクーバーのヒロイン:15歳の新星・高木美帆(スピードスケート)
高木美帆選手:「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式
五輪スピード:田畑が涙、高木「感動」…団体追い抜きで銀
五輪スピード:15歳の高木、少し満足げ 千五百23位
五輪スピード:高木美帆、声援で先輩後押し…女子追い抜き

治験体制整備、5カ年計画終了後の財源確保が課題(医療介護CBニュース)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
五輪招致検討費削除、広島市長「早急に打開策を」(読売新聞)
ダム工事 「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言(毎日新聞)
<トキ>石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育(毎日新聞)