元厚生次官宅連続襲撃事件で、殺人罪などに問われたさいたま市北区、無職小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後、さいたま地裁で始まり、伝田喜久裁判長は、主文を後回しにし、判決理由の朗読から始めた。

 死刑が求刑されており、厳刑が予想される。

 起訴状では、小泉被告は2008年11月17日、同市南区の元次官山口剛彦さん(当時66歳)宅で、山口さんと妻美知子さん(同61歳)を刺殺。翌18日、東京都中野区の元次官吉原健二さん(78)宅で、妻靖子さん(73)を包丁で刺して重傷を負わせたほか、社会保険庁長官を務めた元最高裁判事の横尾和子さん(68)とその家族の殺害を計画し、千葉県内の横尾さん宅近くで機会をうかがうなどした、としている。

関東に“嵐”、通勤の足などに乱れ(産経新聞)
【ゆうゆうLife】福祉用具の価格差、なぜ?(産経新聞)
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
鳩山事務所リストラ、背景に母の援助切れか(読売新聞)
<雑記帳>弥太郎の下駄も…三菱重工造船所に岩崎家コーナー(毎日新聞)