民主党の渡部恒三元衆院副議長は7日、TBSの番組収録で、米軍普天間飛行場の移設問題で発言のぶれが指摘される鳩山由紀夫首相について、「首相は非常に重い、重い責任ある立場ということを自覚してほしい」と苦言を呈した。
 沖縄県内への移設を軸とする政府案に県民が反発していることに関しては、「(説得に)言葉はいらない。心なんです。ああだこうだと余計な言葉を言い過ぎた」と指摘。首相の沖縄訪問についても、「全く下手だった」と番組収録後に記者団に述べた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
回線事業の分離案提示へ=NTT再編で14日に会合-総務省作業部会(時事通信)
CO2排出への影響は限定的=高速無料化で試算-国交・環境省(時事通信)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)
粉もん新定番? うどんギョーザ 高槻で人気(産経新聞)