鳩山由紀夫首相に近い民主党議員で作るグループ「政権公約を実現する会」(会長・大畠章宏衆院議員、鳩山グループ)は28日昼の会合で、同グループを「政治団体」として東京都選挙管理委員会か総務省に届け出ることを確認した。

 同グループは任意の勉強会として活動してきたが、首相の偽装献金事件にからみ収支報告書の提出が必要のない運営をしていることに批判が出ていた。このため政治団体として衣替えする。会費は1人月500円とし、近く新人を含む党所属議員に入会届を配布する予定だ。

【関連記事】
“反小沢”前原氏、主要閣僚から初の批判 進退に影響も
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
世界の注目指導者3位に小沢氏、首相は入らず 米調査会社
鳩山政権、発足以来の危機 小沢氏の進退、首相の責任も
首相、印財界人と懇談「両国の経済関係強化を」

NHK 福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
王将戦第2局 羽生の勝利で1勝1敗(産経新聞)
<普天間移設>官房長官「地元の合意、必ずしも必要ない」(毎日新聞)
800円へのアップ検討=最低賃金で厚労、経産チーム初会合(時事通信)
橋下知事の「大阪府・市」解体再編構想が波紋(読売新聞)