【裁判員 京都地裁】

 3人の娘の点滴に水道水などを混入し死亡させたなどとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)=岐阜県関市=の裁判員裁判の第5回公判が14日、京都地裁(増田耕兒裁判長)で開かれた。弁護側の被告人質問があり、高木被告は混入の動機について「子供の存在は、私の一部。特別な子供を看病する母親として、特別な存在と周囲から見られることに居心地のよさを感じていた」と声を詰まらせながら話した。

 「子供が苦しんでいる姿を見たかったのか」という弁護側の問いに対し、高木被告は「苦しんでいる姿を見たいのではなく、特別な子供であると目をかけてもらうことを望んでいた」と説明。

 その上で「入院中は、日常生活を離れ、24時間子供と濃密な時間を過ごせて心地よかった。風邪とか、よくある病気ではなくて、『この子はちょっと見なきゃな』と医師に思ってもらえるだけでよかった」と述べた。

 代理ミュンヒハウゼン症候群の精神状態については「あてはまる部分もある」と答えた。四女が死亡したことについて「生きることも死ぬことも許されないと思った。四女が苦しんでいるところを今でも鮮明に覚えている。あの子たちがどんなに苦しんでいたのかということを私が一番分かっている」と涙声で訴えかけるように話した。

【関連記事】
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判
医学用語を裁判員にどう説明? 京都の点滴混入で5月に集中審理

豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
男性2人刺され心肺停止…大阪のマンション(読売新聞)
「医師不足知り…」着任直前、無免許ばれ女逮捕(読売新聞)
元・若乃花が設立、ちゃんこ店運営会社が破産(読売新聞)
移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)