大手旅行会社「近畿日本ツーリスト」(近ツー、本社・東京)の旅行券積み立てプランによる資産運用を持ちかけ、約7億円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は21日、同社元社員・清田伸知容疑者(41)(大阪市東成区)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、清田容疑者は同社福知山支店の営業担当だった2006年12月、大阪市内の住宅リフォーム会社会長に「年3・25%の利回り」などとうそを言って、近ツーの旅行券積み立てプラン「旅したく」の購入を勧誘。09年1月までに計10回にわたり、清田容疑者の個人名義の預金口座に計約7億円を振り込ませ、詐取した疑い。

 清田容疑者は調べに対して容疑を認め、「金は自分の会社の設立資金や遊興費に充てた」と供述しているという。

 旅したくは、積み立ての金額や期間に応じ、利回りにあたるサービス額を上乗せした旅行券が受け取れる商品。清田容疑者は、サービス額として会長側に数百万円を支払うなどし、正規の契約だと信じ込ませていた。

司馬さん愛した庭“復元” 記念館が隣接地を購入(産経新聞)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
民主「情報漏洩対策チーム」を野党が猛批判 「報道の自由を侵害」(産経新聞)