厚生労働省は29日、2月中旬の第2回出荷で新型インフルエンザの輸入ワクチンを希望したのは、3都県にとどまったと発表した。希望は計102回分で供給量を大幅に下回り、現時点での余りは949万回分に上る。
 一方、唯一山梨県内の医療機関からあった初回出荷に対する200回分の注文は、全量がキャンセルされたという。
 第2回出荷はグラクソ・スミスクライン(英、GSK)が2月9日、ノバルティス(スイス)が同月12日を予定。初回分の在庫と合わせ、それぞれ600万回分、349万回分が供給可能な状況にある。 

首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り-参院予算委(時事通信)
在外公館の文書開示遅れ、やむを得ない…仙台高裁(読売新聞)
<普天間移設>額賀元防衛庁長官、駐日米大使と意見交換(毎日新聞)
<千葉大生殺害>遺体のストッキングから無職男のDNA型(毎日新聞)
遺留物から無職男DNA型=Tシャツ血痕、荻野さんと一致-千葉大生殺害放火事件(時事通信)