カナダ産豚肉を青森県産と偽り、学校給食センターに納入したとして、青森県警は10日、同県八戸市青葉1、食肉販売業「サンミート」(既に廃業)経営、豊田亨司容疑者(67)を不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで逮捕した。

 容疑は、昨年7~8月、カナダ産豚もも肉約2620キロ(約150万円相当)を県産豚肩ロースと偽り、3カ所の給食センターに計31回、納入したとしている。カナダ産は県産より約3割安いといい、豊田容疑者は「外国産と知って売った」と供述しているという。

 給食センターは市内66の小中学校に給食を提供しているが、異常を訴えた児童らはいないという。同社は入札があった昨年6月以前も、豚ひき肉などを納入しており、県警はさらに調べている。

 県警や市教委によると、昨年8月、肉に異物が混入していたため、市教委が豊田容疑者から加工過程を聴いたところ、偽装を認めたという。同社は発覚後に廃業した。【三股智子、喜浦遊】

【関連ニュース】
事故米転売:「浅井」社長に有罪判決 名古屋地裁
所得隠し:1億1000万円 産地偽装の「魚秀」追徴課税
汚染米不正転売:浅井社長認める 名古屋地裁初公判
牛肉偽装販売:元社長らに有罪 名古屋地裁判決
事故米食用転売:「浅井」社長に有罪 法人にも罰金--名古屋地裁判決

虚偽申請や検査妨害で訪問介護事業所の指定取り消し―岡山(医療介護CBニュース)
<中医協答申>病院勤務医を重視 4月実施(毎日新聞)
不正入手の映画提供、ネットカフェ店長を逮捕(読売新聞)
鳩山首相、小沢氏の幹事長辞任を求めず(産経新聞)
SL 「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)