資産家の高齢女性から借金名目で現金を詐取したとして、兵庫県警明石署などは、明石市内に住む県臨時職員の女(47)について詐欺容疑で逮捕状を取った。

 11日にも取り調べ、容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 女は2000年5月~09年1月に約480回、計約7900万円を受け取ったとみられ、同署などは、詐欺罪の公訴時効(7年)にかからない約7600万円について余罪として追及する。

 捜査関係者らによると、女は09年1月25日、「借りた金は全額返済する。本当にこれが最後」と持ちかけ、同市内の路上で、知人女性(84)から10万円をだまし取った疑いが持たれている。

 女はそれまで、「漢方の薬代が必要」「知人の事業に資金がいる」などと金を貸すよう求め、1回約150万~3万円を借りていたとされる。

 女性は、会社を経営していた夫(死亡)の遺産を相続。現在、滋賀県在住だが、以前は明石市内で女の近所に住んでおり、「長い付き合い。兵庫県庁勤めで信用してしまった」とし、女からは「県職員だった母の退職金があるから大丈夫」などと言われていたという。

 一方、女性は貸した金を家計簿で詳細に記録しており、これらをもとに昨年3月、女を告訴。翌4月には損害賠償を求めて神戸地裁明石支部に提訴した。訴訟記録によると、女は、借りた覚えがあるのは一部だけ、とし、だましたつもりはない、と主張している。

裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け-「負担を考慮」・大阪地裁(時事通信)
今尾の左義長 燃え上がる炎に無病息災祈る…岐阜・海津(毎日新聞)
NEC研究部長、痴漢容疑で逮捕 東横線で女子高生の下半身触る(産経新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
<足利事件>検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)