皇太子さまは22日、新幹線と私鉄を使い、東京から京都経由で奈良県に入られた。奈良市の平城宮跡を訪れ、平城遷都1300年に当たる今年復元された、第一次大極殿を見学された。

 第一次大極殿は重要な儀式の際に使われていたとされる都の中心的な建物。皇太子さまは復元工事に用いられた当時の技法や、内壁に描かれた四神や十二支についての説明を、天井を見上げながら興味深そうに聞かれていた。天皇が儀式の際に着座していた、高御座(たかみくら)もご覧になった。

 その後、皇太子さまは市内の奈良国立博物館で開催中の「大遣唐使展」や、春日大社も視察された。皇太子さまは23日に第一次大極殿の完成記念式典に出席し、帰京される。

【関連記事】
天皇、皇后両陛下が浅田選手にお声かけ 春の園遊会 
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり
皇后さま、演奏会をご鑑賞
皇太子ご一家が長野からご帰京
両陛下が「国際内分泌学会議」ご出席

舛添氏は「オオカミ中年」…新党発言に批判(読売新聞)
<気象>東京都心に41年ぶり「遅い雪」(毎日新聞)
解雇訴訟 元露鵬ら「納得いかない」…東京地裁請求棄却(毎日新聞)
手鏡箱 龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都(毎日新聞)
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)