高校無償化法案が可決した12日、衆院文部科学委員会は「朝鮮学校」をめぐり紛糾した。判断を先送りしようとする民主党を、自民党は厳しく追及。採決中には自民党議員が「嘘(うそ)つき」などと書いた即席の“プラカード”を掲げ、異例の抗議をする一幕もあった。

 「朝鮮学校を対象に入れるのか」「決まっていないなら議論のしようがない」

 委員会では自民党の下村博文議員が約2時間にわたり、政府の姿勢を追及した。「判断する基準や方法は検討している」などと明言を避ける川端達夫文科相の対応に、周囲からは「この時期に決めてないのは遅い」などとやじが飛び、審議は何度もストップした。

 採決前には「約束が違う」「こんなやり方するのか」と猛抗議。自民党の馳浩議員は田中真紀子委員長に詰め寄り、机に置かれた資料をわしづかみに。自民議員らは「嘘つき」「ザル法」「無責任」などと書いた白い紙を掲げ、「採決反対」と叫んだが、法案は賛成多数で可決された。

 衆院事務局によると、傍聴者のプラカードなどの持ち込みは禁じられているが、議員についての明確な規則はない。馳議員によると、「言い足りない部分があり、議論が十分でないことを分かりやすく示したかった」と話し、“強行採決”に備えて採決直前に各議員に配布したという。

 一方、参院会館ではこの日、朝鮮学校の支援をする多摩地域の団体が集会を開き、高校無償化から朝鮮学校を排除する「差別」がないよう、約900人分の署名を提出するなど、民主党議員らに強く迫った。

【関連記事】
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事
朝鮮学校の無償化要求集会に社民党・又市副党首が出席
「朝鮮学校無償化せよ」 金総書記が総連に指示
過去に朝鮮学校排除の閣議決定があった…高校無償化で論議必至
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相、「教科内容で決めず」

対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
「風通しの良い日弁連に」宇都宮・次期会長抱負(読売新聞)
石川県知事に谷本氏5選=茨城の橋本氏と並び現職最多(時事通信)
「プライド守るため私たちの命を利用」被害女性が加藤被告を非難(産経新聞)
7000万円横領容疑、会社社長を再逮捕 警視庁(産経新聞)