第60回ベルリン国際映画祭(2月11~21日)で、山田洋次監督が特別功労賞「ベルリナーレ・カメラ」を受賞することが決まったと、松竹が30日発表した。
 映画界に多大な貢献をした個人や団体に与えられるもので、日本人では2000年に市川崑監督、01年に熊井啓監督が受賞している。
 同映画祭では山田監督の最新作「おとうと」が閉幕作品として上映されることが決まっている。 

【関連ニュース】
コンペ部門に若松監督作品=ベルリン映画祭
「おとうと」がクロージング作品に=ベルリン映画祭
俳優の柳楽優弥さん結婚
「平和」「希望」のメッセージ世界へ=広島で短編映画祭
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭

<身体拘束>賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決(毎日新聞)
全長150メートル… 日光市の雲竜渓谷で「氷の竜」出現(産経新聞)
<化粧>「男のくせに」はもう古い(毎日新聞)
小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換(時事通信)
<毎日新聞世論調査>小沢氏「辞任を」76%内閣支持50%(毎日新聞)