参院は3日午前の本会議で鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説に対する2日目の代表質問を行った。首相は小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件について「検察による事実解明も処分も定まっていない。報道の域を出ていない。検察による解明を待つのが肝要だ」と述べた。

  [グラフで見る]党内でも意見バラバラ…七奉行の小沢氏問題に関する発言

 首相が「小沢氏の潔白を信じる」と繰り返し発言していることには「共に苦労を分かち合い政権交代した同志の『自分は潔白だ』という言葉を信じるのは当然だ」と強調した。

 自らの偽装献金事件に関連し、実母から受けた資金12億6千万円の使途については「裁判で事実認定が確定したあとに検察からの資料の返還を待って検証を行うよう弁護士に依頼している」と理解を求めた。今後の責任の取り方に関しては「身を粉にして国民の期待に応えることが使命だと決意している」と述べた。

 いずれも公明党の山口那津男代表の質問への答弁。山口氏は小沢氏の土地購入事件について「捜査中を理由に民主党は自浄能力を果たしていない」と批判。首相が小沢氏を擁護していることに対しては「国民を愚弄(ぐろう)している」と述べた。

【関連記事】
礼賛、思い出話、居眠り…緊張感ゼロ“お遊戯国会”
前原国交相チクリ「私はメールで代表辞めた」
宙に浮く「枝野補佐官」 小沢氏配慮が原因?
参院選「小沢氏仕切って」 首相
谷垣自民党総裁「小沢独裁と徹底的に対峙」 衆院代表質問スタート

【from Editor】純文学は聖域か(産経新聞)
自公、石川議員辞職勧告決議案提出で一致(産経新聞)
陛下の体調、順調に回復(時事通信)
荒瀬ダム 12年度から撤去工事 熊本・蒲島知事正式表明(毎日新聞)
木嶋容疑者「すりばち」から睡眠導入剤(スポーツ報知)