任期満了に伴う岐阜市長選は7日投開票され、無所属で現職の細江茂光氏(61)が、コンサルティング会社社長の浅野真氏(41)、元中学教諭の大西隆博氏(44)、主婦の岩田良子氏(52)の無所属3新人を破り、4選を確実にした。投票率は39.54%(2006年30.28%)。
 私立高誘致問題で2期目途中に辞職、09年1月に無投票で3選された細江氏は、行財政改革に取り組んだ2期8年の実績を強調。知名度を強みに「医療・健康立市」などを掲げ支持を固めた。浅野氏は市の再生を訴え、法人市民税減税などの政策を提示したが及ばず、大西氏と岩田氏は知名度の低さなどから浸透し切れなかった。 

【関連ニュース】
普天間棚上げし、見切り発車=暗中模索の同盟深化
名護市など11市で新市長=1月の地方選挙
普天間問題、首相の対応注視=現行計画履行を要請
津市長に松田氏が再選
連立離脱、安易に言うべきでない=社民政審会長

都立病院で職員が架空の医師給与計上 4千万円詐欺(産経新聞)
中国に「儲けの方程式」、出資話で2億集金か(読売新聞)
<政治資金規正法>今国会中の改正に首相意欲(毎日新聞)
「形式的なミス」小沢氏、持論繰り返す(読売新聞)
男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか-福島県警(時事通信)