亀井郵政改革相は22日の衆院予算委員会で、官僚や旧日本郵政公社のOBが天下った「郵政ファミリー企業」が多数存続していることについて「あらゆる問題を聖域なくすべて見直していく」と述べ、整理・統合を進める意向を明らかにした。

 柿沢未途衆院議員(みんなの党)の質問に答えた。

 ファミリー企業は天下りのほか、郵便局の物品購入で取引が集中していることなどが問題視され、郵政民営化に伴って見直しが行われた。しかし、219法人あったファミリー企業は現在も157法人が存続し、63法人に654人のOBが役職員として所属している。

天井に飛ぶ乗客、渦巻く悲鳴…乱気流の機内(読売新聞)
「うーん、わからん」豪腕小沢幹事長が顔赤らめ2分で退場(産経新聞)
岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕(産経新聞)
<鳥インフル>季節性と混合で強毒化する恐れ 東大など研究(毎日新聞)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)