人事院は24日、施行から10年が経過した官民人事交流に関する年次報告書を国会と内閣に提出した。2000~09年に国の機関が民間企業へ派遣した累計人数は137人で、民間企業からの受け入れ実績397人を下回った。人事院は「各省庁とも業務が忙しく、民間へ派遣する余裕がないのでは」としている。
 省庁別では、民間派遣は国土交通省66人、経済産業省35人、農林水産省12人の順に多かった。受け入れは、国交省126人、経産省81人、外務省66人の順。 

徳島の土地改良区横領、1億円の賠償命令(読売新聞)
外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)
西日本各地で今年初の夏日 大分で29.3度、松山では27.5度 (産経新聞)
日本IBM社員、ニイウスコー不正取引関与か(読売新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)