群馬県渋川市の老人施設「静養ホームたまゆら」で入所者10人が死亡した火災で同県は18日、施設を運営する「彩経会」のNPO法人としての認証を取り消した。理事長の高桑五郎被告(85)ら理事2人が業務上過失致死罪で起訴され、NPO法の取り消し要件に当たると判断した。

 県によると、彩経会は09年3月19日の火災後、1度も総会を開かなかったほか、役員の中に3親等以内の親族が2人含まれるなどの違反もあった。

 また、焼失を免れた「たまゆら別館」には今も高齢者3人が暮らしているが、県介護高齢課によると、高桑被告は「現在は運営にかかわっていない」と説明しており、同課は別館の運営主体を把握できていないという。【奥山はるな】

【関連ニュース】
札幌7人焼死:5人目の身元を確認 74歳の女性入所者
火災:住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼
火災:倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
たまゆら:「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る

<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
不祥事続出で国交省、スカイマーク安全監査、経営陣の介入も調査(産経新聞)
長島圭一郎選手 故郷で五輪「銀」パレード 3千人が祝福(毎日新聞)
過半数は微妙?大阪府議会の「伊丹廃港決議案」(読売新聞)
運転士判断で急停止 鶴見緑地線の運行トラブル(産経新聞)