長官狙撃事件で、東京地検は31日、殺人未遂、銃刀法違反、火薬類取締法違反の3罪について、公訴時効(15年)成立により容疑者不詳のまま不起訴処分にした。警視庁が30日、書類を送付していた。

 大鶴基成・次席検事は「警視庁が最大限努力して捜査したのに、結果として犯人の特定に至らなかったことは非常に残念」と述べた。警視庁が「事件はオウム真理教による組織的テロ」と発表したことについては、「認識していないとは言わないが、犯人を断定し、起訴できるまでの証拠がなかった。警察の発表内容に対し検察は何も言うべき立場ではない」と話した。【三木幸治】

【関連ニュース】
警察庁長官狙撃:延べ48万人動員実らず…時効成立
警察庁長官狙撃:時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」
時効見直し:刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止
公訴時効見直し:来週にも法案閣議決定 与党から異論なし
宙の会:1周年集会開く 時効廃止に向け被害者遺族ら訴え

拉致担当相が黄氏と面会、北の情勢聞き取りか(読売新聞)
与謝野氏離党 谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
小沢氏、複数擁立ほぼ完了 共倒れか票上積みか 参院選(産経新聞)
高校無償化法 成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
<花見>好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)