携帯電話サイトで知り合った女性を殺害したとして殺人罪に問われ、名古屋地裁の裁判員裁判で懲役17年(求刑・懲役18年)の判決を受け、控訴していた津市の無職、永原勇気被告(24)が控訴を取り下げ、1審判決が確定した。取り下げは8日付。1審判決によると、永原被告は09年6月9日、名古屋市内のホテルで女性(当時26歳)の首を両手で絞めて窒息死させた。

【関連ニュース】
裁判員裁判:鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問
裁判員裁判:取り調べDVDを上映 佐賀の強盗殺人事件
裁判員裁判:凶器の工具など証拠品確認 鳥取の強盗殺人
裁判員裁判:米子強殺で初公判 被告、殺害認め強盗は否認
裁判員裁判:死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件

若者はなぜ新聞取らないのか 情報にお金払うという感覚なし(J-CASTニュース)
14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省(医療介護CBニュース)
調理実習中 女児やけど 堺の小学校(産経新聞)
背中の傷、肺まで到達=現場から包丁発見-3人死傷放火・岡山県警(時事通信)
調理実習中に小5女児やけど=ガスコンロから引火-大阪(時事通信)