国営諫早湾干拓事業(長崎県)について、政府・与党の検討委員会が潮受け堤防排水門の開門調査実施の結論を出したことを受けて、開門調査に反対する長崎県の中村法道知事らが30日、農林水産省を訪れ、赤松広隆農相に開門調査について慎重に判断するよう申し入れた。

【関連写真】「諫早湾干拓事業地」も 空から見た日本100景

 中村知事のほかに、検討委委員で開門調査反対の西岡武夫・民主党参院議員らも同席した。

 検討委の報告を尊重する意向を表明している赤松農相は冒頭で中村知事らに「結論ありきでやっているわけではない。一般の方を含めていろんな話を聞いて、それを踏まえて方向性は出したい」と述べた。一方で「地元の皆さんが、大賛成とは言わないまでも、こういうことをしてくれたら、しょうがないなと納得いただけるよう努力してみたい」とも語った。【佐藤浩】

【関連ニュース】
諫早湾干拓:開門調査妥当の報告書 検討委が農相に提出
諫早湾干拓事業:開門問題 「有明海の資源守る」 農相が視察
開門へ・諫早湾干拓:再生へ一日も早く……原告漁民、笑顔なし 具体策なき報告書
諫早湾干拓事業:検討委、現地視察 開門調査へ賛成、反対派が懸命に主張訴え

もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)
歌舞伎座で閉場式=60年の歴史に幕(時事通信)
和菓子店全焼、経営者夫婦逃げ出して無事 大阪 (産経新聞)
溶接少女キラリ…工業高3年の仁平さん最優秀賞(読売新聞)
もんじゅ 検査終了 6日に原子炉を起動、運転再開へ(毎日新聞)