福島瑞穂消費者・少子化担当相は12日の閣議後の会見で、北沢俊美防衛相が同日、防衛関連の業界団体の会合で海外への武器輸出を禁じた政府の武器輸出三原則の見直しを示唆したことについて、「なぜ今この時期にそういう発言をされるのか、まったく理解できない。強く抗議する」と強い口調で述べ、不快感をあらわにした。

 福島氏は武器輸出三原則について、「日本が世界に誇ってもいいことだ。自民党政権下でも維持されてきた」などと話し、北沢氏の発言に反発した。

【関連記事】
迎撃ミサイル「欧州供与を」 ゲーツ氏が要求
同盟の「深化」をどう担保するか 「基軸」の信頼のカギは
防衛大綱策定で閣僚委設置へ 有識者懇も見直し
鳩山代表、集団的自衛権行使の憲法解釈見直し否定
北ミサイルに日米共同対処 武器輸出三原則を緩和 安保防衛懇

参院選後、民主と連携も=人物本位で選挙協力-公明の山口代表(時事通信)
香港で爆窃団5人の裁判、男3人が犯行認める(読売新聞)
オーチス社員に罰金50万円=地下鉄エスカレーター事故-名古屋簡裁(時事通信)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
<歌会始>来年の題は「葉」(毎日新聞)