山形県天童市柏木町の認可外保育施設「みんなのベビーホーム」(閉園)で2007年11月、生後4カ月の女児がうつぶせに寝かされ死亡した事故で、県警捜査1課と天童署は18日、業務上過失致死の疑いで、元園長の女性(71)=同県中山町=と保育士2人を書類送検した。
 3人の送検容疑は、07年11月2日午前9時半~午後1時15分ごろ、女児を軟らかい敷き布団にうつぶせに寝かせ、窒息死する危険性があったにもかかわらず注意義務を怠り、放置した疑い。
 同課によると、厚労省は認可外保育施設指導監督基準で、0歳児3人に職員1人を配置することを定めているが、事故当時は、同じスペースに寝ている10人の0歳児を保育士2人だけでみていた。保育士は、泣いていた女児を寝かしつけるため、うつぶせに寝かせたという。 

【関連ニュース】
離婚めぐり逆恨みか=5発発射、犠牲者3人に
体協職員ら4人を書類送検=バスケゴール死亡事故
子どもの不慮の事故防げ=消費者庁がプロジェクト立ち上げ
児童施設園長ら書類送検=2歳児窒息、業過致死容疑
自殺の男、殺人容疑などで送検=仙台の駐車場死体遺棄

【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)
コンビニ強盗 景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ(毎日新聞)
海上自衛隊 インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」(医療介護CBニュース)
センター試験 追試験、最多の961人 雪で遅れ、1万人影響(産経新聞)