水俣病と認定されていない被害者らでつくる水俣病不知火患者会(熊本県水俣市、原告2018人)が、国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日午前、熊本地裁で開かれ、高橋亮介裁判長は、和解を勧告した。

 原告、被告とも勧告を受け入れ、同日午後、和解協議に入る。

 水俣病を巡る訴訟で、国が和解のテーブルにつくのは初めて。和解協議では、チッソが被害者に支払う一時金や、国が負担する毎月の療養手当の額、対象者の診断方法、症状の範囲などが争点となる。

インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
<原発建設>反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部(毎日新聞)
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針(医療介護CBニュース)
<調査捕鯨>シー・シェパードが発煙弾を投げ込み妨(毎日新聞)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)