平安時代から1200年以上の歴史があり6年に1度開かれる諏訪大社の御柱祭が2日、長野県の諏訪地方で開幕した。

 奥山から切り出したモミの大木16本を、人手で里まで曳(ひ)き、上社と下社の四つあるお宮の四隅に建てる伝統行事。2日は上社の「山出し祭」が始まり、御柱8本が八ケ岳山ろくを出発。あいにくの雨と霧となったが、木遣(きや)りの声に合わせ、御柱を曳く氏子たち約1万人の「よいさっ、よいさっ」のかけ声が響き、一帯は熱気に包まれた。

 上社山出し祭は3、4の両日に茅野市内で、山から木を運ぶ手順の「木落とし」と「川越し」がある。下社の山出し祭は下諏訪町で9~11日。氏子が大木に乗って急坂を滑り降りる「木落とし」は祭りの見せ場で、負傷者が出ることもしばしばだ。山から下ろした後の上社里曳(さとび)き祭は5月2~4日、下社里曳き祭は同8~10日にある。【武田博仁】

【関連ニュース】
<関連写真特集>日本の祭り
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/上 起源 /長野
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/中 熱狂 /長野
<連載>神が降りる時:2010御柱祭/下 効果 /長野
御柱祭2010:上社の用材8本、山出しの出発点に到着 /長野

福島党首「グアム移設時間かかる」主張を軟化(読売新聞)
張が2連勝=囲碁十段戦(時事通信)
協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で-原口総務相(時事通信)
阿久根市職労、市長通告で庁舎から一時退去へ(読売新聞)
交付金に評価を初反映=奈良先端大がトップ-国立大(時事通信)