中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」新設を盛り込んだ国家公務員法改正案は9日の衆院内閣委員会で実質審議に入った。自民、みんなの両党による改正案も併せて審議。ただ、鳩山由紀夫首相が8日、「修正協議に応じるつもりは全くない」との意向を示したことに自民党が反発、初日から審議が一時中断した。

【関連記事】
国家公務員の政治活動規制 法改正含め議論を
懲りない北教組 早くも参院選準備へ教員出動
公務員の幹部人事を当面凍結 仙谷国家戦略相
教師の選挙運動 地方公務員も罰則が必要
赤旗配布の高裁判決に思う なぜ公務員は政治活動を制限されるのか

首相、寄付税制のマニフェスト盛り込みに前向き(産経新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ-国交省(時事通信)
<入学式>元気いっぱい新1年生…東京都内の小学校(毎日新聞)
「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)
<京都府知事選>現職の山田啓二氏、3選確実に(毎日新聞)