川端達夫文部科学相は19日の閣議後記者会見で、服装問題が騒動になったバンクーバー五輪スノーボード男子ハーフパイプ代表の国母和宏選手が8位に入賞したことについて、「いろいろ問題があったが、競技に専念していい結果を出してくれたことは良かった」と評価した。その上で「スポーツマンだから、それを一つの糧にして、いい競技が続けられるように、このことが彼の成長に大きく役に立つように期待している」と今後の選手活動にエールを送った。 

<傷害致死容疑>京産大学生死亡 建設作業員の少年逮捕(毎日新聞)
岡山県が独自の学力テスト 中1を対象、平成23年度から(産経新聞)
<民主党>参院選島根選挙区に元アナウンサー擁立へ(毎日新聞)
【党首討論】実母へのカネ無心疑惑「全くの作り話だ」と首相が改めて反論(産経新聞)
500円タクシー、近畿運輸局が値上げ「指示」(読売新聞)