鳩山由紀夫首相は3日午後、滋賀県草津市の琵琶湖博物館を訪れ、嘉田由紀子知事とともに、琵琶湖の水質や生態系の保全に取り組む環境保護団体のメンバー約30人と意見交換した。
 席上、首相は「首相の立場でできる限り役に立ちたい」とあいさつ。琵琶湖に生息する魚の分布調査や、家庭から出る廃油の再利用に関し、メンバーの声に耳を傾けた。これに先立ち首相は、同県東近江市の太陽光発電パネル工場も見学した。 

【関連ニュース】
首相と小沢氏、3日に会談
アルテック、12年11月期の連結営業益17億円=新中期計画
家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で4選択肢
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表
大ガス、初年度販売目標1300台突破=家庭用燃料電池「エネファーム」で

<親権>子供の視点での見直し議論確認 厚労省専門委初会合(毎日新聞)
<事業仕分け>第2弾に新人議員も参加(毎日新聞)
<北九州社長殺害>元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
犬山祭 満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
自衛隊機の民間転用を推進=次期輸送機納入式で防衛相(時事通信)